自然葬のメリットとデメリットについて

  • 自分の死後は自然葬でしてほしい

    • 時代の流れの中で、さまざまなものが誕生してまた、消えていきます。

      人間もそれは、同じです。



      いくらお金があっても、死ぬことからは誰一人逃げることはできません。
      生まる時期を選択できないように、また死ぬ時期も自分では決めることはできません。
      しかし、自分の死後に眠る場所は決めることができます。



      今は、時代も進化して葬儀も自由になっています。



      昔のように、形式がある葬儀は減り今は、その故人の意志を尊重しています。
      先祖代々のお墓には、入ることなく自然葬が今は増えています。



      動物のように、人間ももとの自然に戻るのが自然葬です。


      自分の好きな場所に散骨をする自然葬もあります。そして、広大な自然の中の樹木の下に眠りたいと思う人もいます。
      今の科学では、まだ死後の世界は解明はされていません。

      死んだらそれで、全てが終わると言う人や、死後の世界は存在するという人に分かれています。



      その審議は、永久に謎のままですがもしも、魂というのがあるのならやはり自然葬が相応しいと考えられます。

      四季のある国に、生まれたものとしてやはり誰もが自然を愛しているからです。そして、自然の恐さも何回も体験しています。
      その人間が超えることができない自然に抱かれて眠るのなら、魂も安らぐはずです。



      時として、人間は愚かになり自分達も自然の一員というのを忘れることがあります。

      しかし、忘れていても自然はいつも全ての生き物を見つめています。

      自然に還るのが、生き物としての礼儀とも感じます。


  • 関連リンク

    • 永代供養とは、子々孫々にわたって死者を供養することをいいます。本来お墓は、その家系において代々管理、継承するものとされてきましたが、現在では、子供がいないために後々お墓の管理ができなくなる、子供に迷惑をかけたくない、お墓が遠すぎて継承が難しい、費用をかけたくないなどの理由から、「共同墓」「永代供養墓」「樹木葬」「自然葬」「納骨堂」などの様々なタイプの墓地が検討されるようになっています。...

    • 自然葬には「死んで自然に還る」という自然信仰的な意味合いがあります。土葬や風葬、鳥葬などが挙げられますが、今使われている自然葬としては、散骨が一番イメージしやすいものでしょう。...