保育士の転職の際の効果的な理由

保育士が転職する際には、かならずと言っていいほどその理由を聞かれるものです。しかし、その際にネガティブな事を言ってしまうと相手に対して非常に印象が悪い物なので、出来るだけポジティブな理由を述べることが重要です。



保育士の職場はその仕事内容が複雑で、精神的負担が大きいことも多いものです。
子供だけを相手にするのではなくその子供の嫌や、保育園の他の先生たちとも対応していかなければならないことが多いものです。



その際に人間関係の問題が退職理由であったりすると、新しい職場でも対応して行けるのかどうかが雇う側としては不安になるものです。



例えば、前の保育園で他の先生たちとの揉め事があり辞めたとしても、そのような理由を転職先で述べることは避けた方が良いものです。
そのような場合には相手は、また揉め事を起こされたら大変というような印象を持ってしまうため、採用を控えてしまうことになるのです。


万が一転職理由が人間関係であったとしても、それをポジティブな理由に言い換えることで相手に対する印象が良くなります。
例えば一つの所に長くいたので新しいところで自分の保育士としてのキャリアを積みたいと言ったような理由で、相手が期待感を持てるような理由にすることが大切です。

保育士が別の職場に転職するには大きなエネルギーが必要になります。

その為、ついつい前の職場の悪口を言いたくなることもありますが、これは絶対に避けなければいけないことです。


保育園に於いては人間関係が最も大切な事であり、その人間関係を維持できずに仕事を止めてしまうような人は同じことを繰り返すとみられてしまうので、注意が必要です。