自然葬のメリットとデメリットについて

  • 注目される自然葬とは

    • 自然葬には「死んで自然に還る」という自然信仰的な意味合いがあります。


      土葬や風葬、鳥葬などが挙げられますが、今使われている自然葬としては、散骨が一番イメージしやすいものでしょう。



      散骨を希望している人は年々増加傾向にあります。



      散骨を望む背景には、日本のお墓事情もあります。



      お墓が持ちにくいこともさることながら、身寄りがいない人はお墓を建てたとしても無縁仏になってしまう不安があるでしょう。


      また身寄りがしっかりいたとしても、迷惑をかけたくないという思いが強い方も多いようです。

      自然葬を望む人の気持ちは様々です。



      そんな中、ロマン満載の自然葬が注目を浴びています。


      宇宙葬です。

      宇宙葬と聞けば「大宇宙の中で生き続ける」といったことを想像しますが、実際は外宇宙に出ることはありません。
      地球の重力圏から離脱することはなく、地球の周回軌道に乗ったまま漂い続けることになります。


      それはそれでロマンチックではありますが、「外宇宙に旅立つ」ことを想像している人は、物足りない気持ちになるかもしれません。



      ロケットの許容範囲には限度があるため無理なために一般募集はありませんが、冥王星探索機には遺骨が乗せられています。



      これは冥王星を発見したクライド・トンボ―のものです。
      それだけの貢献者でなければまだ実現は難しいものですが、外宇宙での自然葬の初めての実例となりました。
      これから先、一般人でも外宇宙に葬ってもらえるような時代が来るのではないかといった期待感につながります。


  • 関連リンク