自然葬のメリットとデメリットについて

  • お墓の現在のかたち・永代供養

    • 永代供養とは、子々孫々にわたって死者を供養することをいいます。



      本来お墓は、その家系において代々管理、継承するものとされてきましたが、現在では、子供がいないために後々お墓の管理ができなくなる、子供に迷惑をかけたくない、お墓が遠すぎて継承が難しい、費用をかけたくないなどの理由から、「共同墓」「永代供養墓」「樹木葬」「自然葬」「納骨堂」などの様々なタイプの墓地が検討されるようになっています。なかでも永代供養墓地は、一般的に寺院などが継承者に代わって、永代にわたり供養と管理をするもので、生前でも申し込みをすることができるため、継承などで悩む人にとっては安心できる墓地のかたちとなります。

      また、合同のお墓や納骨堂に安置されるため、新たに墓地や墓石などの費用はかからないので料金も安く済みます。



      過去の宗旨宗派も問われませんし、宗旨宗派にこだわる必要はありません。



      永代供養墓の納骨方法は、遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめ土に還す合祀(ごうし)をしたり、寺院によって3回忌〜50回忌など違いがありますが一定期間、納骨壇あるいは棚に骨壷のまま安置した後に合祀をしたり、お骨を分骨し、その一部を一定期間あるいは永代に安置して残りを合祀する、などに分かれているようです。



      永代供養墓の供養においても、毎年各彼岸、お盆に合同供養を行ったり、年1回の供養であったり、毎月供養であったり、と寺院によって違いがあります。



      また、料金も寺院によって費用として設定されている範囲や金額がそれぞれ違いますので、確認をすることが大切です。



  • 関連リンク

    • 自然葬には「死んで自然に還る」という自然信仰的な意味合いがあります。土葬や風葬、鳥葬などが挙げられますが、今使われている自然葬としては、散骨が一番イメージしやすいものでしょう。...

    • 永代供養とは、子々孫々にわたって死者を供養することをいいます。本来お墓は、その家系において代々管理、継承するものとされてきましたが、現在では、子供がいないために後々お墓の管理ができなくなる、子供に迷惑をかけたくない、お墓が遠すぎて継承が難しい、費用をかけたくないなどの理由から、「共同墓」「永代供養墓」「樹木葬」「自然葬」「納骨堂」などの様々なタイプの墓地が検討されるようになっています。...