自然葬のメリットとデメリットについて

  • 自然葬のメリットとデメリットについて

    • 自然葬とは、人工のお墓ではなく、海や山などに遺体や遺灰を還すことで大きな自然の循環の中に回帰していこうとする葬送のことです。

      広義では、風葬、鳥葬なども含みますが、現代の日本では散骨のことを指すのが通常です。

      大阪の遺品整理の優良サイトならこちらで見つかります。

      では、このような自然葬にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、お墓を作らないので低コストです。

      そもそも、なぜお墓を建てるのかということを考えてみますと、結局は遺された方達の心情による部分が大きいといえるでしょう。しかし、現代においては墓地の確保も困難となり、また初期費用も管理のための費用もかかります。
      そうであれば、遺族や子孫に迷惑をかけないためにも自然葬は良い選択肢の一つであるといえます。
      また、お墓参りの手間もかかりません。

      新宿の納骨堂について考察してみましょう。

      遺族や子孫が墓参りしなければ、風化などにより徐々に墓は劣化していきます。

      iphone8関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

      加えて、お盆などに他の家の人が墓地に来た際、墓前に花の一つでも供えられていないと寂しい印象を与えてしまいます。

      http://tsutaya.tsite.jp/item/music/PTA0000PSIYP情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

      しかし、自然葬ではそのような心配もありません。
      もっとも、デメリットもあります。
      そもそも、遺族が賛成しなければ自然葬自体が行われません。

      http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/research/vol24.htmlのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

      亡くなった後のことですので、遺族を強制するわけにはいかないからです。

      http://smany.jp/5421情報ならこちらをご利用ください。

      また、散骨の方法によっては、法に触れる可能性も出てきます。


      そこで、このようなデメリットを避けるためには、生前から親族に理解を得るようにしつつ、きちんとした形で自然に還ることができるよう前もって準備をする必要があります。

  • 関連リンク

    • 永代供養とは、子々孫々にわたって死者を供養することをいいます。本来お墓は、その家系において代々管理、継承するものとされてきましたが、現在では、子供がいないために後々お墓の管理ができなくなる、子供に迷惑をかけたくない、お墓が遠すぎて継承が難しい、費用をかけたくないなどの理由から、「共同墓」「永代供養墓」「樹木葬」「自然葬」「納骨堂」などの様々なタイプの墓地が検討されるようになっています。...

    • 自然葬には「死んで自然に還る」という自然信仰的な意味合いがあります。土葬や風葬、鳥葬などが挙げられますが、今使われている自然葬としては、散骨が一番イメージしやすいものでしょう。...